読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母さん、私は東京で風俗嬢をしている訳で

風俗ってね、意外と垣根低いんですよ。あなたの隣の女性社員も、もしかして…

続・我慢できない男たち

前回【心筋梗塞明け】に来店した強者の話をしましたが、続いては


【ケース2 ~包茎手術明け】

たくさんの御神体を眺めてきましたが、自分が思っていた以上に包茎手術を経験した殿方は多いようです

その若干残る手術痕は何となく共通しているので、今では特に本人申告なくとも、あぁもしかしたら勇気を出してタートルネックを脱いだ経験がお有りなのかなとわかるようになりました


そんな中いらした、我慢できなかった殿方


「俺ね、俺ね、1か月前に包茎手術してさ」

お風呂に入る前に、自ら私に申告して下さり
パンツを脱ぐと、一皮剥けた御子息をいとおしそうに見つめた


「え、もう大丈夫なんですか?ひとに触れさせても」

「大丈夫だと思うよー、先生も1か月たてば解禁って言ってたし
でも、念のため優しくね、優しく」

「いや、それはもう勿論ですよ!」


そんなやり取りをしてシャワーでは新生児の沐浴並みにソフトに優しく取り扱い



いざ、ベッドの上へ

まずお客様が私を責め、攻守交代、

とにかくとにかく利き手の筋肉を弛緩させ、触れるか触れないかくらいの距離感で御子息を刺激
勿論、緩衝材としてのローションを活用

お口での御奉仕のときも、常に頭には梅干しをイメージしながら、唾液を嘔吐してるのかくらいに吐き出し、やっさしーく、求肥みたいに包み込んでストローク



それなのに

ああ

それなのに



「あ、あれ? …い、痛った!」

「え? イッた!?」

「いや、痛った!痛った!痛ーーー!!」



札幌のスープカレー店なら、辛さ0番(辛みなし)の優しさで手コキしていたのに
(↑すみません、道産子なもので、つい)

緩衝材の無色透明の、泡立ったとしても白いはずのローションが、なぜかピンク色になってきている…



「なんか……やっちまったっぽい…」

「だよね!これ、そうだよね!」



そう、ごめんなさい殿方の皆様
今想像してタマタマがきゅーっとなってますよね


切れたんです

はい、術後の繊細なそこが、切れたんです



ぐふぅ



女でも想像したら痛いわ!!



終わりのシャワーで

いや正しくは、シャワーの水圧が怖くて、洗面器にお湯を張ってその中で優しくチョポチョポと自分で洗っていたお客様


「なんでもう少し我慢して、完璧になってから来なかったんですかー」

「だってさ… 1か月我慢するって、結構地獄よ?
俺、頑張って今日まで待ったのよ?」



哀愁漂う横顔



…うん、そうだよねそうだよね
ごめんね、痛い思いさせちゃって

きっと男の人の性欲って
女には理解できないくらいの強さがあるんだろう


まして単なるケガとかではなく
包茎手術明け、
そこの生傷のナイーブさとは裏腹に
心は以前よりも自信たっぷり、やる気満々だったはずなのですよ


「俺、治ったら絶対またリベンジに来るから!」

「うん、約束ね!!」




普段だったら絶対言わない
私は正直、自分からはリピートは求めていないから

でも、つい言ってしまった



コンプレックスのある人間は、コンプレックスのある相手を無条件でいとおしく思うのかもしれないですね
(↑ただこれも、その時の気分によりますがねw)







「おいしい?」っていうと「おいしい」っていう こだまでしょうか いいえ!全く!

世の殿方は、いつから、

舐めさせている時に「おいしい?」と聞くようになったのか

そんな疑問を抱くのは私だけでしょうか?
いいえ だれでも
(ACジャパンに怒られそうだな)

やはり、日本人男性の真の保健体育教科書、AVの影響でしょうか


AVの悪影響について、いつか一言物申したいと思ってはいるのですが
それはまた別の機会にするとして



今日の議題
「おいしい?」っていうと「おいしい」っていう


殿方のそれを舐めているシチュエーションで、これほど、強制力のあることばも無いよな、と思うのです

考えてみてください
「おいしい?」と聞いて返ってきたことばが

「おいしくない」「特に」「別に」「何言ってんの?」「つーか、まずいんだよ!ガマン汁だらだら出すなよ!」

これらの反応を受けて、あなたの御子息は、最初の勢いを保っていられますか?


多くの女性は、ここで正直な想いを伝えるのは賢明ではないとわかっているのです
だって、自分になんのプラスもない結果となるから

風俗嬢であれば、お客様の御子息が萎える=自分の首を絞める、につながります
一旦ふにょ~んとなった御子息にやる気を出させるのが、いかに大変か
スタンダップを願って様々な刺激を与えても上手く行かないときの、あの微妙な空気、皆さんもご存知でしょう?

一般の女性だって、さぁーもうすぐ挿れてもらえる!稚拙な前戯はいらんから、はよそれを!
と期待して舐めてるときにふにょ~んとなられたら、ちょっと!ちょっと!ってなるでしょう



いいですか、殿方諸君

にんげんの身体を舐めてるときに、美味しいって思ったことありますか?

無味、もしくは汗の味や個人の体臭混じりの味
御子息の場合は、更にそこにガマン汁の味が加わる訳で


でもこれも、愛する相手のそれなら、また違うんです
ただ、本当に美味しいというよりは
いとおしいという感情のスパイスのおかげで
美味しいような気持ちになれるのです

ですから、正直何の恋愛感情もないお相手の御子息を舐めているとき、
まっとうな風俗嬢は、せめて不快感を表に出さないようにおいしそうに慈しむように舐めるのです
なんなら、ガマン汁を少しでも薄めるために唾液を必死に垂らしながら
更に、洗っても臭いチ○コのときは息も止めながら


そこの努力に気付かずに
「おいしい?」ってノーーーテンキに言われると


頑張って舐めていた御子息を噛み千切りたい気持ちを必死に抑え、

心の中では
「てめえ、自分のガマン汁舐めたことあんのかよ、てか、旨いチ○コなんてこの世にないわ!」

と暴言吐きながら若干乱暴に扱い始めるはずなので


良好な関係保って楽しく遊びたい殿方は
「おいしい?」だけはやめといたほうが賢明だと思いますよ


「舐めてる顔がいやらしい」
とか、嬢のテンションあげるセリフを嘘でも言ってあげるほうが、結果的にご自身が得すると思います…

我慢できない男たち

男性の、性欲を解消したいという衝動…

女性のそれと比較した場合、やはりかなり強いのだろうか

勿論、個人差あるものなので、計れる訳がないのはわかっている
1か月解消できなくてもまあ平気、という殿方もいれば
毎晩解消しないと眠れない!セックスレス大反対!という大和撫子がいるのも知っている


さて何故そんな疑問を抱いたかというと
ここ最近、立て続けに
我が身の危険を犯してでも衝動を解消したくて来店した強者がいたからなのである



【ケース1 ~心筋梗塞明け】

文字通り、心臓ドキドキの来店である
あんたもドキドキするかもだけど、こっちもだよ!と言いたい

このお客様、もともと狭心症の発作を何度も経験していたそうだが、ある日とうとう心筋梗塞を発症

運良く一命はとりとめたものの、心臓の4分の1は壊死してしまい、担当医から次のように指示されたそう


「セックスは、必要以上に興奮しないレベルで」


要するに、
今更ときめきなどない決まったパートナーと、興奮しようにもできない生活感溢れた自宅で、最低回数腰を振って静かに放出せよ、と

若干切ないセックスではあるが、死にたくなければ誰もが妥協するであろう


しかし強者は、指示を全く無視して
まず風俗店にやって来た

初めて出逢うパートナー、生活感のない淫靡な照明のラブホテルの部屋、手や口や素股と選び放題のフィニッシュ方法


私は思った

この人、もしかしてここを死に場所に、決め…た?
最後に最高に気持ちいいことしてやる、って開き直った?

私には
覚悟を決めた(←思い込み)お客様がベッドの上で苦しそうに胸をかきむしり、
慌ててフロントに救急車の要請を頼む自分
そしてバスタオル1枚巻いたままの姿で事情聴取を受ける自分が頭に浮かんだ


………


まぁ結果を先に言えば、お客様は何の問題もなく帰っていかれたんですが

いやほんとそれにしても、こっちの心臓に悪いわ!


男性って、怖いもの知らずなのか
それともリスクを背負ってでも満たしたい、解消したい突き上げる性欲があるのか

これまで以上に、更に謎に思ったのです


って話



長くなっちゃったから、ケース2はまたのちほど

私的、休日あるある

大変ネギ臭い状態でブログを書いている

接客している時には決して食べられない、ニンニクやネギやカレーを、休みの日にはここぞとばかりに摂取してしまうストレス暴発型です

今日は、ネギラーメンをネギ増しで食らってやったぜ…


あと他に「休日あるある」としては
お風呂に入りたくないというか、入らなくてもいい感覚になりがち

女として如何なものかと、いささか不安にはなるが、なんせ普段1日に4、5回シャワー浴びてるものだから、休みの日くらいは己の身体を濡らさずに(色んな意味で)いてあげたい


「休日あるある」というか、「休日、出先でのあるある」としては
例えば疲れた身体を癒しにマッサージに行った場合

店員「うわあ、腰や背中張ってますねぇ!お仕事、立ち仕事とかですか?」

私「え…立ち仕事…いや、そんなに立ってる時間は…(うーんじゃあ寝仕事…?いやそれおかしいだろ)まぁ立ち仕事ですね」

という、職業を聞かれた時に、なんだかあやふやな対応をしてしまいがちということ



あ、ところで
お客様で時々とんでもなくニンニク臭かったりネギ臭かったりする人がいるけど
急遽飲んだ後に人に連れられて、とかならわかるが

前日から予約してる人が、満を持して来店前にくっさいものを食べてくる感覚が未だにわかりません…

よくあるタイプのブログ開始理由ですね

誰に言ってるのかよくわかりませんが、とりあえず人の礼儀として、

はじめまして

って言っておけばよいのでしょうか


インスタに振り回される人ってどうなの、とか思いながら、こうやってブログという違う土俵でインスタでは闘えない自分を見ないふりして結局自己主張したいタイプの、一番面倒くさい部類の私です
よろしくお願い致します


人生いろいろありまして
現在、東京のとあるターミナル駅の風俗店に勤務している私ですが

日々、それはもう様々な出逢いがあるのです

この仕事を始めるまで、正直、風俗という世界にポジティブな印象は全く持っていませんでした
私が女性だからかもしれません
(彼氏が風俗行ったら軽く殺したくなるタイプ)


しかし
そこは男と女が交わる場所…

自分が望むのならば二度と会わなくても良い、後先考えなくても良い、ある意味、互いが好き勝手に自分を解放できる場所な訳で

何かが起きないはずがない


日々うまれる珠玉のネタ…いや失礼、
珠玉の事例を、自分だけのものにしておくのは勿体なさすぎる

しかし職業柄、体裁もあり知人にも話せず


こんなに質量のある重たいお宝を抱えたまま悶々として死んでしまっては、火葬場でもお宝は燃えずに残り、私のお骨と一緒に、血の通ってないクールな火葬場職員にガシガシと無理やり骨壺に詰め込まれ、
そんなんじゃ来世も風俗嬢になってしまう、と焦りを感じてきたので

このブログで発散させていただこうと思った次第です


自慰観賞がお好きな方、どうぞよろしくお願い致します